🐈猫がどこでも爪とぎをしてボロボロにする問題を解決🐈

サクラさんからの投稿

 

猫を飼う上で、「しつけ」をすることはとても大切です。

 

「しつけ」の出来ていない猫は家の中を荒らしてしまうようになるので、子猫の内から「しつけ」をしっかりとするようにしてください。

 

今回は、猫がどこでも爪とぎをしてしまう問題行動を、解決する方法をお教えしたいと思います。
PR以下→

爪とぎは猫にとって自分の縄張りを確保するマーキング行為の意味と、ストレスが溜まったときに心を落ち着けるためのストレス発散方法です。

 

猫の本能的なものなので、爪とぎ自体を止めさせることは出来ません。

しかし、決まった場所で爪とぎをさせることは出来ます。

 

猫用の爪とぎ板など、グッズが売っているので、それで爪とぎをさせてみてください。

 

爪とぎ板に乗せるだけで、その爪とぎ板でしか爪とぎをしなくなる猫もいます。

 

しかし、爪とぎ板にも色々な種類があるので、猫が気に入る材質を探す必要があります。




 

気に入らないと、猫はまた好き勝手に壁や柱で爪とぎをしてしまいます。

いくつかの爪とぎ板を試してみてください。

 

爪とぎ板をどうしても気にいってくれない場合は、爪とぎ板にまたたびを振りかけておくのも良いでしょう。

 

またたびで少しずつ爪とぎ板に慣らしていき、猫に爪とぎ板で爪とぎをする習慣を身に付けさせるのです。

 

いかがでしたか?

爪とぎの習性は困ったものですが、「しつけ」をすることでかなり改善されますよ。

 

 




 

 

 

🐈猫がどこでも爪とぎをしてボロボロにする問題を解決🐈

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です