可愛いけど困る夜泣きする猫の問題

ここねさんからの投稿

 

子猫の時に引き取った我が家の猫は、しばらくは夜鳴きをする子でした。

 

昼間はあまり活動的ではなく、食事・トイレ・遊びの時以外はのんびりと窓の近くで日向ぼっこをしているのに、夜、部屋の明かりが消えると元気に鳴き始めるので、ひどく戸惑ったものです。

 

おなかが空いているのかトイレに行きたいのかと考えて、エサを増やしてみたりトイレの位置を変えてみたりしたのですが効果がなく、子猫は毎晩のように鳴き続けました。




 

それほど大きな声ではなかったので、寝室で眠る人間が眠りに入れないという状況ではありませんでしたが、だからといって放置するわけにもいきません。

人に話すと、あまり構ってあげ過ぎると、夜も鳴けば遊んでもらえると認識されるので良くないと聞きました。

 

その後はとりあえず夜は様子見を続けて、昼間のうちにめいっぱい遊んであげることにしました。

 




 

飼い主のにおいの付いたタオルなどをゲージに入れておくと、猫の気持ちも落ち着くらしいと聞いたのでそうしたり、部屋に小さな電気スタンドを置いて、夜にも真っ暗にならないようにと色々工夫もしました。

 

その後も鳴いたり鳴かなかったりという日々が続きましたが、三ヵ月を過ぎるころにはめっきり夜鳴きはしなくなり安定しました。

 

やはり、少し夜に不安があったのかなと思います。

初めは悩みましたが、騒動を機に関係が近づきましたし、猫のことを知れたいい経験でした。

 




 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です