ネコの食器・オートフィーダー(自動給餌器)

食器の選び方

 

ネコは人間と同じように、エサを食べる時には器が必用になります。

器選びでよく失敗するのが安定感の問題。

 

器から食べることに慣れていないネコは、エサに近づくために器に前足を入れてしまう事がよくあります。

その時、人間用の器であげていると器がひっくり返ってしまいます。




 

なので、できるだけネコ用に作られている器で食事をさせることが理想です。

最近では100円ショップでもいいネコ用食器が売っていますので、そんな器でもいいでしょう。

 

もしもネコを拾ったばかりで困った場合は、安定感があれば何でもいいです。

 

白色トレイ・プリンやゼリーの空き容器・上げ底になっていない皿・安定感のある小鉢など、使えるものはたくさんあります。

 

写真:stockvault

 

こういう形の小鉢だと不安定なので、食べているうちにひっくり返ってしまいます。

 

写真 : stockvault

 

お皿を使うなら、このようにグラつかないお皿が理想ですね。

白色トレイも形状は安定感がありますが、軽すぎるので、食べているうちにトレイがずれていってしまいます。

 

軽い物は、ちょうどいい器がないときなど、一時的に使用する器にしましょう。

では、ここからはネコのための食器をピックアップしていきます。




 

ベーシックな食器

 

↑この形の器は、ネコにとって食べやすい形状になっています。

 

よっぽど乱暴に扱わなければひっくり返ることはなく、中に丸みがあるので、ネコがエサを残さずに食べることができます。

100円ショップの食器も同じ形をしていますが、少し浅めで小さいタイプになります。

 

下にフチのあるトレイを敷いたり、滑り止めシートを敷いておくと、軽いプラスチック製の食器でも動きにくくなり、ネコが食べやすくなるでしょう。

 

 

↑ これはベーシックな要素を残しながら、角度や高さ、材質などにとことんこだわった器になります。

エサの横にお水もセットできますね。

 

↑こちらも角度にこだわり、ネコが食べやすい形になっています。

 

 

中に凸凹があり、器の中でエサが滑りにくくなっています。

専用のシリコンマットが付いていて、滑り止めの役目を果たすお食事マットもスタイリッシュ。

食器をオシャレに揃えたい方におすすめです。

 

↑ちょっと高さがあった方が良ければ、脚付きタイプがおすすめ。
意外と倒れにくいんですよ。
器の中の絵柄がかわいいです。

 

時間や量の調整が自由自在!! 犬猫用オートフィーダー(自動給餌器)!

 

これは、あらかじめセットしておくことで、決まった時間にセットした量だけエサが出てくる、ドライフード専用【自動給餌器】です。

セットできる回数は1日に1回~6回のエサやリを自動でしてくれます。

メッセージ録音ができ、「ごはんですよ~!!」などと録音しておくと、飼い主さんがいなくてもご飯の時間をネコにお知らせできます。

 

 

他にも、↑こんな感じのタイプもあります。

オートじゃないですけどタンクのタイプ、商品により5L以上セット可能。

 

↑ カラフルな自動給餌器をお好みならコレ。

これも1日に3回までセットできます。
カワイイですね。

 

飼い主さんのライフスタイルやネコちゃんの好みに合わせて、いいエサ入れを選んでくださいね。




 

 

 

猫の食器・オートフィーダー(自動給餌器)

このエントリーをはてなブックマークに追加