🐾ネコを飼う前に猫トイレを準備しよう🐈

ネコトイレ / 好みや住宅事情で選べる豊富な種類

 

用意するネコトイレの数は、一説によると「ネコの数 + 1個」が理想だそうです。

ネコはキレイ好きな動物なので、トイレにはちょっぴり神経質。

 

飼い主さんがトイレの掃除をサボっていると、「こんなトイレでオシッコしたくないニャー!!」と、クッションやソファーなどでオシッコをすることがあります。

 

1度ネコにオシッコされたものはなかなか臭いが消えず、たいへんな事になってしまいます。

なので、ネコのトイレはできるだけ清潔な状態にしておきましょう。

 

また、ネコによっては、他のネコが使ったトイレを使わない場合があります。

人間でもそうですが、そんなネコは、他のネコのオシッコが残っているトイレは避けてしまうようです。

本当にイヤなんでしょうね。

 

ここからAmazonさんや楽天市場さんにある商品を掲載しながらご説明しますが、写真や価格などをご参考にしていただければと思います。

 

いつでも安心価格!! ベーシック・タイプのネコトイレ!

 

ネコトイレの基本形ともいえるものですが、最近のトイレはトイレ掃除ようのスコップがかけられるようになっています。

ベーシックなネコトイレも進化しているんですね。

 

ちなみに、ネコのトイレ掃除にはスコップが必須です。

すくう部分が網目になっていて、ちょっと粒が大きめのネコ砂もこぼれ落ちるようになっています。

ネコ砂は水分を含むと固まるものが多く、固まったネコ砂とフンだけをすくって捨てることができます。

 

私のおすすめは、やっぱりこのベーシックなタイプ。

ネコが安心しておトイレできるように感じます。


飛び散り防止タイプ! ネコが落ち着く個室トイレ!!

 

 

カバーが付いているので、ネコがトイレ後に砂をかけた時に飛び散る心配が少ないというもの。

実際、うちでも使用したことがあります。

 

ネコにもよるでしょうし感想は人によって違いますが、うちのネコには向かなかったようです。

 

飛び散る砂の量がちょっとだけ減っただけで、散らからないというワケではありませんでした。

 

真夏のことですが、日中仕事に出て夜遅くに帰ってくるとネコトイレが蒸れている感じでした。

なので結局、私は通気性のいいベーシック・タイプに戻してしまいました。

 

ですが、家でこまめに掃除ができて散らかりにくい砂を選んでいる友人は、ずっと気に入って使用していましたので、ネコや飼い主さん、のタイプにもよるのだと思います。


1週間におわないデオトイレ

 

 

写真のトイレは二重構造になっていて、上には専用のネコ砂を入れ、下には専用のトイレシートを敷きます。

ネコ砂もトイレシートも消臭効果があり、1週間シートを交換しなくてもネコ1匹ぶんのオシッコを吸収でき、消臭力も抜群らしいです。

私は10年くらい前に使用していましたが、当時はそれほど消臭効果がなかったように思います。

2~3日は効果がありましたが・・・。

あれから約10年経っているので、かなり改良されていることでしょう。

 

引き出しタイプのデオトイレ

 

 

このデオトイレは引き出しタイプで、シートの交換がラクチンです。

1週間タイプのシートを使うもよし、犬用の安いトイレシートを使ってこまめに交換するのもいいでしょう。

ネコの消臭にはネコ用シートを使うのが一番だと思いますが・・・。

 

 

ネコ砂の使用量が3分の1に!! ネコトイレの経済革命!!

 

 

こちらも二重構造。

シート不要で、砂の量は通常の3分の1で済みます。

ネコ砂をまめに総入れ替えするならこのトイレがおすすめです。

ネコ砂が散らかりにくく、使用しやすいタイプです。

上から入る? 猫が喜ぶ個室トイレ

 

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ オレンジ PUNT-530

 

ペット用品でお馴染みのアイリスオーヤマさんが、面白い商品を出したなと思いました。

 

実際に見てみると結構大きいので、ある程度のスペースが必用かも知れません。

 

ですが、トイレの中が完全に隠れてしまうので、狭い居室に置いてもいいですね。

 

猫にとってみても、出入り口の穴が気になる事でしょう。砂の飛び散りも防止できる形状なので、デザイントイレとしておすすめです。

お値段がチョッピリ高いのと、大きいので十分なスペースが確保できるかという点で、チェックが必用です。


 

「ネコトイレ」と一言で言っても、「ネコトイレ」はつねに進化を続けています。

また、トイレの問題はトイレ本体だけで解決するものではなく、ネコ砂選びも影響してきます。

つぎの「ネコ砂の種類と特徴」も、どうぞご覧下さい。

 

 




 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です