🐾和歌山電鉄で働く4匹の猫たち🐾

和歌山電鉄貴志駅・初代駅長たま

 

以前テレビで紹介されると、全国的な人気者になった三毛猫の駅長たま。

もともとは駅の売店で飼われていた猫でしたが、母猫ミーコともう一匹いた猫チビも、たまの助役として任命を受けました。

貴志駅はそれほど人が来るような駅ではなかったのですが、たまに会いたいがために、全国からファンが訪れるようになりました。

駅長の年俸はキャットフード。

「猫に小判」という諺がある通り、猫がお金を貰っても嬉しくないでしょうしね。




 

たまの事がテレビで紹介された事により、全国的にキャットブームになったとも言われているくらい、当時、たまの影響力は大きかったようです。

そんなたまは2015年6月に亡くなり、お葬式をすると、その様子はテレビで一日中ニュースで報道されました。

お葬式の参列者の中には、随分遠くから新幹線に乗ってきた人もいて、多くの方が集まりました。

 

 

出典 : Carbonara

 

お昼寝をしている姿もパシャッと撮られていたんですね。

このたま駅長のブームがどれほどだったかというと、たま電車まで出来てしまうほどでした。

 

出典 : Carbonara

 

どうですか?

他県の方も和歌山に行きたくなりませんか?

たま駅長が亡くなってから、和歌山電鉄は寂しくなってしまい、その後は二代目たま駅長(にたま)、三代目たま駅長(よんたま)と、PR業務に就くさんたま君が就任されました。

やっぱり報酬はキャットフード。

 

出典 : 和歌山電鉄株式会社

 

小嶋社長に抱かれているのがにたま(たまⅡ世)。

下で寝ているのがよんたま(伊太祈曽駅・駅長見習)です。

さんたま君についてはちょっと写真が見つかりませんでしたが、PR活動で頑張っているようですよ。




 

なんと! 駅長になるには試験があるらしい

 

初代たま駅長には試験なんて無かったのだと思いますが、今は猫が駅長になるために試験があるそうです。

それは「人間が好き」「帽子をかぶる事を嫌がらない」「仕事を嫌がらない」という試験。

「にたま」も「よんたま」もこの試験に合格したのでしょう。

試験に合格すると駅長見習になり、「猫駅長訓練所」で訓練をする・・・・・というシナリオになっているようです。

猫駅長見習は本当ですし、猫駅長訓練所も実際にありますが、猫だから訓練はほとんどしないのだそうです。

猫駅長と指導員との憩いの場なんでしょうか?

初代たま駅長はその後どうなったかというと、天国に行ったけれど天国に入れず、神様になって降りてきたのだそうです。

今は「たま神社」に祀られて、ずっとずっと駅のお客さんを見守っているんですって。

 




 

 

※参考サイト&写真:wikipedia、和歌山電鉄株式会社)

 

 

🐾和歌山電鉄で働く4匹の猫たち🐾

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です