フーちゃんが柱で爪をとがない理由はなんでしょう?

 

うちの愛猫フーちゃん座椅子でバリバリ! でも柱は無事?

 

なぜか柱でバリバリ爪をとがないフーちゃん。

借家なので助かります。

 

ちょっと前までネイルキャップをして、壁や柱にアクリル製の爪とぎガードを貼っていました。

でも大丈夫そうなので、すべて外してみたんです。

 

そうしたら、フーちゃんにも習慣になっているのか、柱や壁では爪とぎを全くしないのです。




 

爪とぎしそうな怪しいポーズをする事はありますが

 

たまに柱で背伸びをして、そのまま爪とぎをしそうな怪しいポーズをする時はありますが、「ダメ!」と怒ったり、ちょっと邪魔するだけでやめるようです。

 

それ以上何もしないので、柱も壁も無事。

それどころか、以前ほど座椅子でバリバリする事もなくなりました。

 

もちろん猫だから爪をとぐのですが、爪とぎ場所は2個所。

市販の爪とぎと50cm角のブロックカーペットです。

 

まあ、カーペットが犠牲になっているけど、ブロックカーペットは部分的に交換できるからいいかな?

カーペット地の爪とぎを買ったと思って諦めよう。

 

 

愛猫フーちゃんが柱で爪をとがないワケを考えてみた

 

単純に、柱で爪をとげる事を知らないのでしょう。

産まれてから一度も柱で爪をといだことが無いんですから。

 

座椅子で気分良さそうにバリバリ研いでいたから、それ以上に気分がいい研ぎ場所はないんだと思います。

 




 

また、ネイルキャップを使っていた事で、爪とぎの習慣が変わってしまったような気がします。

爪とぎガードをしていたのも良かったのでしょう。

 

おかげでフーちゃんにとって、柱は爪とぎ場所にはならなかったという事だと思います。

 

私は動物心理学者ではありませんが、「習慣」と「興味」の問題だと思います。

早めにやっておいたのが良かったんでしょうね。

 




 

 

 

フーちゃんが柱で爪をとがない理由はなんでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です