捨て猫ふーちゃん 兄弟猫との再会の巻

意外と近所にいた捨て猫3兄弟

ずっと「捨て猫」って言い続けていますが、保護されて飼われているので、今はみんな飼い猫。

ふーちゃんの兄弟を保護していたご近所さんは、うちからほんの数十メートルの距離に住むご近所さん。

以前、「猫、何匹飼っているんですか?」と聞いたことがありますが、何匹だか分からないそうです。

この家の方は飼うつもりがなくても、飼い猫になついた野良猫が住みついてしまったり、飼っていた猫が(多分)メス猫を追いかけて帰って来なくなったりと、猫の数はよく変動するんだそうです。

すごく近所なので、日曜日の晴れた日にふーちゃんを連れて遊びに行きました。

 

 

ふーちゃんと猫兄弟の再会はこんな感じでした

 

お庭を覗いてみると、ふーちゃんの兄弟たちが2匹、お散歩をしていました。

抱きかかえていたふーちゃんを下におろすと、兄弟たちは少しずつそばに寄ってきました。

不思議なことに、他の猫たちが寄ってこないのに、兄弟だけが近づいて来たんですよ。

分かるんでしょうか?

2匹はふーちゃんの匂いをクンクン嗅ぎ、すごく気にしていました。




 

その時、他の猫まで近付いてきたので、ふーちゃんは恐くなってしまったようで逃げ出してしまいました。

車が来たらいけないのですぐに追いかけて捕まえましたが、兄弟たちは遠目に気にして見ていました。

猫には「兄弟」なんて言葉は分からないでしょうけれど、何か感じるものがあるんでしょうね。

それから、たまに兄弟たちと会うようにしています。

まだ何となく壁があるように感じますが、それは私が一緒だからかも知れないですね。

兄弟が再会できてよかったです。
 

 




 

 

 

捨て猫ふーちゃん 兄弟猫との再会の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です