🐾枝豆金時んちの猫 枝豆フラン(フーちゃん)のご紹介🐾

こんにちは! 枝豆フランです!

 

うちのフーちゃんは、近所の駐車場にいた捨て猫でした。

同じ柄の子猫が3匹、夜中にお腹を空かせてニャーニャー鳴いていたんです。

最初は違う子猫を捕まえようとしていたのですが、逃げられてしまい、せめてエサだけでも食べさせようとキャットフードを買いに行き、エサだけ置いて遠くから見ていました。

すると、2匹の猫がすごい勢いでムシャムシャ食べ始め、「よかった! 食べた!」と感動しました。

 

 

でも、どうもうちの庭の方から子猫の鳴き声がするので見に行くと、1匹の子猫が塀の上で鳴いているじゃありませんか!

「この子にもご飯をあげないと!」と、そーっと近くによって一気に捕まえました。

ふーちゃんは私の事が恐かったようで、「うぎゃーーーっ!!」と大騒ぎしながら抵抗し、私の手に細く尖った歯で噛みつき、小さな爪であちこち引っかきました。

でも、部屋に連れて帰ってエサをやると、他の2匹のようにムシャムシャ食べ始めました。

それ以来、フーちゃんは私に慣れて、猫語でいっぱい話しかけてくれるようになりました。

気がかりだったのは残りの2匹。

声はすれども姿が見えず・・・。

長くなるので、この2ひきについては次回にでもお話させていただきます。

ではまた・・・。




 

 

🐾枝豆金時んちの猫 枝豆フラン(フーちゃん)のご紹介🐾

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です