猫の消化を助ける「大根ささみごはん」のレシピ

みちたんさんからの投稿

 

手作りのキャットフードは以前は与えていなかったのですが、

老猫にさしかかる13歳になった愛猫の為に消化酵素が豊富でたんぱく質もたっぷりと摂る事が出来る「大根ささみごはん」を与えています。

 

 

材料

常温のご飯:30グラム
鳥むね肉:30グラム
水:800cc
塩:少々
大根おろし:大さじ1杯

あくび猫

 

作り方

1.
作り方は、まず最初に常温程度まで冷ましたご飯30グラムを用意しておきます。
次に、市販の鳥のむね肉を炊飯器もしくは80度以下のお湯でじっくりと煮て火を通します。
鳥むね肉を煮る時に焼いたり沸騰しているお湯でグツグツ煮ないのは、鳥むね肉に火が通り過ぎて硬くなってしまうと旨みが出てしまいパサパサになるのと、炊飯器で煮る事でぷるぷるのやわらかい鳥肉に仕上がる為です。

2.
次に、ちょうど浸かるぐらいの量の水一つまみの塩を入れた塩を沸騰させて一煮立ちさせ、穴を開けておいた鳥むね肉と一緒にお湯を炊飯器の中に入れ、保温ボタンを押して1時間ほど経てば、ぷるぷるの食感の鳥むね肉に仕上がります。

3.
最後は、ゆでた鳥むね肉を猫が食べやすい大きさにちぎり、30グラムの白米ご飯に乗せ、大さじ1杯分の大根おろしを上からかけてご飯と鳥むね肉を程よくかき混ぜて完成です。

 

コツ・ポイント

炊飯器で鳥むね肉をゆでる時には、まず鳥むね肉にフォークや串で火が通りやすいようにまんべんなく穴を開けておきます。

 




 

 猫の消化を助ける「大根ささみごはん」のレシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です